やってみガール!

ここでは美容ネタと資産運用に興味深々な新社会人の女がいろいろやってみる

初任給がきたよ!控除額に絶望した話

どうも、てみーです。

入社してもうすぐ2ヶ月になります。今日給料日でした。

先月分は半額頂いたので、厳密には初任給ではないのですが、初めての全額支給です。

給料明細も配られたのですが、控除額が思ってたよりもすごかったです。

今日は、会社員って毎月こんなに引かれてるのか…すげーな!!と言いたいだけの記事です。推敲もほとんどしてません。

 

給与明細の控除欄にびっくり

f:id:bananabuuuun:20170525214356j:image

私の給与明細です(一部)。これに所得税がプラスされますが、そっちは初年度で大した額じゃなかったから割愛。

 

年金でこんなに取られるのか!

特に衝撃だったのが、厚生年金の控除額!

健康保険はこれくらい持ってかれても納得できるんです。だって病院行くもん。

 

年金って…確実に私の年代だと貰えないんですよね?貰えないから「老後資金は自分で作っとけよ」ってことで、今NISAとかiDeCoが政府に推されてるんですよね?(この認識が間違っていたらすみません)

今の高齢者の方を支えるためだけにこれだけ払ってるのか……日本は少子高齢化社会になったと言われてからもう結構な年数が経つけれど、この金額を見るとそれを実感せざるを得ないですね。

 

ちなみに:厚生年金の保険料の計算方法

厚生年金の保険料は月給によって金額が変わります。計算の元となる給料の金額(「標準報酬月給」)が決められており、4月〜6月の月給の平均をこれに当てはめその金額に「厚生年金保険料率」を掛けた額が、その年の9月〜翌年の8月の保険料となるそうです。

会社と折半してはらうので、実際控除されるのはその半分ですね。

 

とりあえず言いたいことはたくさんあるけれど 

働いている人はみんなこういうお金を払って生きてるんだなあと、肌で感じて改めて尊敬。

とりあえず無駄遣いしないようにしよう。

広告を非表示にする