やってみガール!

ここでは美容ネタと資産運用に興味深々な新社会人の女がいろいろやってみる

恋人に依存してしまう人が自立できる方法を5つ考えてみた

f:id:bananabuuuun:20170516215609j:plain

どうも、てみーです。

いつどんな時でも好きな人・恋人のことを考えている

常に連絡を取りたい・会いたい・ずっと一緒にいたい

ラインを送ると返ってくるまでいつまでも待っている

ラインに既読が付いていないのに他のことしてるのが分かるとちょっとイラっとする

できれば職場にも連れて行きたい

こんな人はいませんか?私です。

私の場合は依存しようとするのを軽くいなしてくれるタイプの人と付き合っているので今のところは大丈夫ですが、

付き合い始めのラブラブな時期ならともかく、いつまでもこんな態度を続けているとそのうち関係がギスギスとしてきます。

それだけではなく、私自身ベタベタしたいタイプなので分かりますが、ずっと依存し続ける状態って結構辛いんですよね。

せっかく好きで付き合っているのだから、もっと仲良く楽に一緒の時間を過ごしたくないですか?

依存心の強い人がちょっとでも恋人との関係を良いものにできればいいなと思い、自分の経験をもとにその方法をいろいろ考えてみました。

 

恋人の他に夢中になれるものを探す

よく言われることですが、自分の精神のよりどころをいくつも作っておくことが大切です。

資産運用のリスク分散しかり、昨日の記事にあった収入源の分散しかり、

自分の大切な何かを一つのものに頼りすぎるというのは良いことではありません。

そんな簡単に夢中になれるものなんて探せない!という人もいるでしょう。

「好きな人のために」という動機で始めても全然OKなんです。

私が資産運用の勉強を始めたのも

もしも彼と生活することになったら、今の仕事を辞めてついていくことになったら、

という妄想が動機の一つになっています(笑)

自分で書いててすごくバカっぽいですが、その結果以前よりLINEの返信に一喜一憂することが少なくなりました。

動機は不純で良いんです。

むしろ恋人のためなら俄然がんばってしまうので、効果絶大です。

 

恋人の行動がはっきり見えないようにする

SNSをよく更新する恋人がいる方、どこにいて誰と何をしているのかものすごく気になっちゃいませんか?

あまり嫉妬しない人なら問題ないのですが、嫉妬心の強い人はできれば見れない環境を作ってください。

SNSに異性の友人と写った写真なんかがアップされていたら邪推しちゃいますよね。

それを自分の中だけに留めておければ良い(精神衛生上は良くない)ですが、

相手に疑っている態度を見せてしまうと、二人の間に余計な火種を作ってしまいかねません。

逆に更新されない時間は何してるの?やましいことだから更新しないの?

なんて疑問も、始めから見えなければ問題ないですよね。

浮気されるのが嫌、気持ちはとてもよく分かります。

しかし、疑いを向けられて良い気分のする人はいません。

疑う方の心も苦しいです。

自分の気持ちを軽くするためにも、恋人の行動はあまり見えないようにしましょう。

 

恋人の話をできる人を一人は作っておく

恋愛関係においては、相手のことを冷静に見るということも必要になってきます。

できれば恋人と共通ではない知り合いで、相手について話せる人を作ると冷静な判断がしやすくなります。

共通の知り合いだと相手についての印象がすでについてしまっているので冷静さが足りません。

そして相談内容が相手に伝わる可能性が高い、というよりほぼ伝わるものと思ってください。

 

相手を知らない人で、相談や惚気のよりどころになってくれる人を探しましょう。

 

LINEの既読で安心できるようにする

これはLINEで連絡を取り合っているカップルに限る話です。

LINEをしている人なら「既読スルー」という言葉を聞いたことがある人が多いんじゃないかなと思います。

私も恋人に既読スルーをかまされて何回ショックを受けたことか……

でも考えてみてください。

読まれないよりはマシです。

一度大きな喧嘩をした時、本当に何日もメッセージが読まれず放置されたことから、

「読まれてる!よかった!」という思考に変わりました。

そしてそう考えた方がメッセージが返ってきた時の喜びが何倍にも膨らみます。

返ってくることなんか当たり前、と考える人よりもずっと幸せな気持ちでいられるのです。

 

たまには甘えまくる時間も作る

これまで恋人から少し距離を置くことに焦点を当てて話してきましたが、

たまには依存心を解放して甘えさせてもらう時間を作ってください。

あまり頻繁では相手の方がつらくなりますが、基本的に好きな相手から甘えられるのが嫌な人はいません。

ほどほどの頻度であれば、二人の仲を深める良い時間を作ることができます。

相手の反応を見ながら、存分に甘えてください。

 

依存心の強い性格はなかなか治りません。

しかし工夫次第で相手の負担にならない程度にたくさんの愛を伝えられる、恋愛向きの性格であると言えます。

好きな人のため、ちょっとがんばって依存症を克服しちゃいましょう!

広告を非表示にする